アクアティップス

自分が興味を持った事をダラダラと書いています。ブログは気晴らしです。

最強のコケ取り生体ヤマトヌマエビについて解説していく

アクアリウムのコケ取り生体として人気が高いヤマトヌマエビについてまとめていきます。ヤマトヌマエビは能力も高く、非常に使いやすいコケ取り生体です。ヤマトヌマエビの基本的なことをささっと説明してから、長所短所を説明していきます。

 

ヤマトヌマエビについて

f:id:kklmwashibel:20170311233929j:plain

ヌマエビ科のエビの一種です。幼生期を海で過ごし、成長して川に遡上する両側回遊型(りょうそくかいゆうがた)と呼ばれる特徴があります。主な特徴は上の通りですが、一応補足説明します。

 

生息範囲

熱帯、亜熱帯域に分布し、日本では鳥取や千葉以南に分布しています。

 

食性

雑食性で藻類を食べることから、アクアリウムのコケ取り生体として使われるようになりました。それ以外に生物の死骸やデトリタス(生物体の破片とそこに繁殖する微生物)なども食べるため、水槽内の魚が死んでしまった場合にもすぐに処理してくれます。水質の悪化を最小限に抑えることができるでしょう。

 

体長

大きさは5cm程度ですが、メスは5cmを超えることもあります。トゲナシヌマエビやミナミヌマエビが3cm程度ですから、コケ取りエビの中ではかなり大きい方です。

 

f:id:kklmwashibel:20170308234415j:plain 

水質

水質は弱酸性から弱アルカリ性と幅広く順応します。アルカリ性でも順応できるのは、幼生期を海水中で過ごすためだと思われます。水質に関しては特に気にしなくても良いでしょう。

 

水温

ヤマトヌマエビは20℃〜28℃に対応できます。一時的ならそれ以上それ以下でも耐えることができるでしょう。飼育の際は、夏場の高水温だけでも気をつけておけば問題ないはずです。

 

f:id:kklmwashibel:20170217024544p:plain

 

浮遊性

浮遊性はミナミヌマエビよりないと言う印象があります。ミナミヌマエビは水槽内をスイスイ動き回るため、複数匹飼育していると目障りになることがあります。ヤマトヌマエビはどちらかと言うと、泳ぎまわるより歩き回るイメージがあります。導入直後や水換えの時などはせわしなく動き回りますが、普段はミナミヌマエビ程ではありません。

水草水槽などで泳ぎまわられると景観を損ねる可能性がありますからヤマトヌマエビの浮遊性があまりないのは嬉しいですが、その分デカイので存在感はあります。

f:id:kklmwashibel:20170319234920j:plain

雌雄の判別

雌雄の見分け方は、ほとんどの場合体の側面にある点々で判別します。「:.::.:.」がオス、「-:-.-.-」がメスです。メスは点々の中にちょっとだけ長い線が散在します。

またメスの方がやや大きくなります。6cm近くまで成長したヤマトヌマエビを見たことがありますが、存在感がロックシュリンプ並みにありました。小型水槽で使いたいのであれば、オスを意識して選ぶと良いでしょう。

f:id:kklmwashibel:20170309003503j:plain

 

得意なコケ

f:id:kklmwashibel:20170227175747j:plainf:id:kklmwashibel:20170227175800j:plainf:id:kklmwashibel:20170227175752j:plain

ヤマトヌマエビは糸状のコケを好んで食べます。糸状藻は様々な種類がありますから一概には言えませんが、ヤマトヌマエビであれば、殆どの糸状藻を食べてくれます。アオミドロは発生すると一気に増えてしまいますから、ヤマトヌマエビもある程度の数が必要になります。すでに発生している場合は、出来る限り自分で取り除いてから投入すると良いでしょう。

茶ゴケについても同様にすごいスピードで食べてくれます。ただし、水槽壁面などツルツルした面はヤマトヌマエビはつかまれませんから不得意です。その場合はオトシンクルスや貝類に頼ると良いでしょう。

 

得意ではないが食べるコケ

f:id:kklmwashibel:20170227180023j:plain

黒ヒゲゴケについては個体にもよりますが、私の水槽ではプチプチとちぎりながら食べる姿が確認できました。ただし、ヤマトヌマエビのおかげで黒ヒゲゴケが減ったと実感出来る程ではありません。

少なからず食べてくれている事は確かですが、この他にアオミドロとかヤマトが好きなコケが生えていれば、黒ヒゲなんぞ全く無視だと思います。コケが少ない環境の中で仕方なく突っつくぐらいのレベルです。

 

ヤマトヌマエビの長所

 

コケ取り能力が高い

他のコケ取り生体より勝っているのは、間違いなくコケを食べるスピードでしょう。コケまみれだった水槽を3日ぐらいで綺麗にした事もありました。これが貝類だとここまで速いスピードでは大抵無理な話です。特にアオミドロのようなドロドロしたコケに効果があります。ただ、水温が高すぎるとダレて手を動かさなくなる事もあるので注意が必要です。

 

f:id:kklmwashibel:20170320001946j:plain

 

 

手に入りやすく安価

オトシンクルスやサイアミーズよりも安く手に入ります。45cm水槽では、3.4匹いれば充分だと思います。トゲナシヌマエビはヤマトよりも少し高いぐらいですが、流通量が少ないので手に入りにくいというデメリットがあります。

 

寿命が長い

ヤマトヌマエビの寿命は2〜3年だと言われていますが、実際に飼育すると、多くの人がもっと長生きだと口を揃えて言います。4〜5年は普通に生きることがありますし、中には10年近く生きたというアクアリストもいます。コケ取り生体の中では特に寿命が長いと言えます。貝類もここまで長く生きるものは無いので、寿命も頭に入れておくと良いかもしれません。

f:id:kklmwashibel:20170320101645j:plain

 

比較的丈夫

ヤマトヌマエビが死にやすいタイミングとしては、導入時と飛び出しがいちばん多いように感じます。オトシンクルスや他のエビと同様に、酸欠などには弱い面を見せますが、ヤマトヌマエビは他と比べても丈夫で滅多に死ぬことはありません。幅広いpHに順応してくれますし、夏場も28度を超えなければせっせとコケを食べてくれますから、ファンを回していれば心配しないで良いでしょう

f:id:kklmwashibel:20170319233102j:plain

 

残飯処理が速い

残りエサが多かったり、熱帯魚が死んでしまった場合に飼育者が気づかないと、水質の悪化がすごいスピードで進んでしまうでしょう。ヤマトヌマエビがいれば、死んでしまった熱帯魚をすぐに処理してくれますから、一気に水が汚れることはありません。ミナミヌマエビや貝類にもこのような特徴はありますが、ヤマトヌマエビ程のスピードではまず無理でしょう

 

勝手に増えない

ヤマトヌマエビは汽水でしか繁殖できないため、水槽内で卵を持つ事はあっても勝手に増える事はありません。コケ取り用の貝類とかミナミヌマエビなんかは、じゃんじゃん増えて見苦しくなる事もありますから、増えないというのはありがたい事でもあります。

 

比較的温和

コケ取り生体で温和で無いと言えばサイアミーズぐらいかも知れませんが、ヤマトヌマエビはどんな魚も攻撃したりはしませんから安心です。よく小さい魚は攻撃されるなどといった情報もありますが、長い事小型魚と一緒に飼っていて攻撃している場面を一度も目にした事はありません。

多分弱って死にかけた魚をヤマトがつかんでいるのを見て、攻撃して食べているなどと勘違いしたのかも知れません。いずれにしても私の水槽では魚に向かって攻撃する事はありませんでした。

 

ヤマトヌマエビの短所

 

ウィローモスの食害

私の水槽にもウィローモスが入っていますがしっかり成長している様なので心配はあまりしないで良いと思いますが。ところどころ齧られたんじゃないかなという所が見受けられます。極端にウィローモスの量が少ない場合だと、枯れてしまうこともあるかもしれません。

そもそもウィローモスはコケの一種ですから、コケ取り生体を入れる時点で、こちら側が妥協しないといけないのかもしれません。

f:id:kklmwashibel:20170310225708j:plain

 

 

エサの持ち逃げ

ヤマトヌマエビは大きく力も強いため、同居魚がエサをつまむ前に持って逃げてしまうことがあります。エサを掴むと誰もいないような所に、スーっと泳いで隠れて食べることもあります。特に問題視されるのはコリドラス用のタブレット(コリタブ)の持ち逃げです。

予防策としては、細かいエサを使用するか、浮上性のエサを使用すると良いでしょう。

 

f:id:kklmwashibel:20170320103553j:plain

 

脱皮殻が汚い

ヤマトヌマエビは水質が変わると脱皮すると言われています。本当にそうなのかは分かりませんが、たまに水槽を覗くと脱皮殻が残っている事があります。岩についたままの物も一回だけ見た事があります。

脱皮殻はカルシウムから出来ていて、ほっとけば自然になくなります。このことから水槽内にカルシウムが少ないとエビが脱皮出来なくなるといった情報もありますが、実際には食べ物からカルシウムを補給できるため、あまり関係ないそうです。

f:id:kklmwashibel:20170310000731j:plain

 

デカイ

デカイです。45cm水槽でも存在感あります。目立たない色なので邪魔感は少ないですが、小型水槽に何匹も入れていると、見苦しいかもしれません。ヤマトヌマエビよりも小型のエビが良いなら、トゲナシヌマエビが良いかもしれません。ヤマトヌマエビの様にコケをバリバリ食べてくれるらしいので、私もいつか導入してみようと思います。

 

酸欠に弱い

酸欠になると変にソワソワしてくれるので、状況を掴みやすくて助かるという人もいます。ただ次の日ライトを点けたら、ゴロゴロ死んでたなんてイヤですよね。私の水槽では夜間にエアレーション無しでも平気そうですから、特別弱いと言うわけではないようです。個体によっても強い弱いはあるのかもしれないです。

f:id:kklmwashibel:20170312132638j:plain

 

良くある質問

 

水槽の大きさに対して何匹入れれば良いですか?

導入する際これで迷う人も多いと思います。水槽のレイアウトや水草の量によっても変わりますから一概には言えませんが、ひとつの目安として書いておきます。

因みにこの匹数は 私の卓越した才能と緻密な計算により割り出された 勘です。私だったらこの匹数を入れるというアバウトなものですから注意して下さい。

30cm:1匹、30cmキューブ:3匹、45cm:3匹、60cm:5匹、90cm:8匹

ヤマトヌマエビ以外にコケ取り生体がいない、水草水槽の場合を仮定した匹数です。

 

 

 

飼育上の注意点

 

ヤマトヌマエビを飼育する上でよくある失敗やエピソードを元に、特に初心者の方に知っておいてほしい注意点を説明します。

 

汽水飼育は向かない

意外な盲点です。ヤマトヌマエビは汽水で成長すると聞きますから、汽水で飼育した方が良いのではないかと考える人も多いようですが、あくまで幼生期の話ですから、大きくなってから汽水に戻すと長期飼育は難しいようです。

実際にヤマトヌマエビの繁殖を成功させている方のブログを拝見すると、小さくてもエビらしい姿になった時点で徐々に淡水に慣らしていますから、汽水が必要なのはゾエアの頃の僅かな期間だけなのでしょう。

親エビになっても産卵のために汽水域まで降りてくる訳ではなく、川で産卵し、卵のみが河口まで流れ着くわけですから、成長後に汽水域に戻ることもありません。これも汽水飼育が難しい要因のひとつだと思われます。

f:id:kklmwashibel:20170311222003j:plain

フグ等との混泳に向かない

フグ以外にも、ベタなどと一緒に飼育しない方が良いです。これらと一緒に飼育すると手脚や触角を齧られることで衰弱して死んでしまうことがあります。

アベニーパファーなどの小型フグであっても、ヤマトヌマエビの方が圧倒的に大きくない場合以外はやめておいた方が無難です。4cmのヤマトヌマエビでも、1.5cm程度のアベニーパファーに殺されることはあるそうですから、あくまで慎重に行なってください。

 

落ち着くまでは夜間エアレーションする

夜間のエアレーションは必須ではありません。私も夜間エアレーションはしていませんが至って問題はありません。ただし、水槽立ち上げ直後などは特に水槽内の環境が変化しやすく、急に酸欠になりエビが全滅してしまうことはよくあります。私も経験があります。(全滅ではありませんでしたが...)

酸欠が起きる理由は色々と考えられますが、リクツ抜きにしても始めの1.2週間は夜間のエアレーションをしてあげると良いでしょう。

 

フタはあった方が良い

エアレーション同様に必須ではありませんが、導入した直後などは特に落ち着きがなく、飛び出してしまうことが多いです。オープンアクアリウムにしたい場合でも、始めの1週間はフタをしてあげると良いでしょう。私は長いことフタなしで管理していました。水面差は2cm程でしたが、何度かカラカラの干しエビを見たことがあるだけでそれ程多いという印象はありません。

水槽内が綺麗すぎて掃除する場所がなくなったのか、水槽まわりが汚すぎて掃除がしたくなったのかは分かりませんが、今のところ前者だということで落ち着いています。そもそもエビ類は飛び出しが多いですから、フタをするに越したことはないでしょう。

f:id:kklmwashibel:20170311225406j:plain

カルキはしっかりと抜く

ヤマトヌマエビだけでなくエビ類全てに共通して言えることですが、カルキ抜き(塩素中和)をしっかりしていないとエビ類は簡単に死んでしまいます。最近では水道水を飲める水にするポット型の浄水器もあります。ヤマトヌマエビではないですが、私はそれで水換えをして全滅させてしまった苦い経験があります。塩素が完全に抜けきっていなかったようです。

信頼できる市販の塩素中和剤を使いましょう。

 

水草残留農薬に注意

ショップで購入した水草の中には農薬が使われていることがたまにあります。ほとんどの場合は表示があると思いますが、万が一を考えて慎重になった方が良いでしょう。特にエビ類は農薬に敏感ですから、ショップの人に聞くか、水草のみを1.2週間つけ置きしておくと良いでしょう。

 

ヤマトヌマエビがオススメな場合

 

45cmの水槽以上の場合

ヤマトヌマエビは大きいですから小型水槽には向きません。目障りでないなら問題はないですが、最低でも45cm水槽ないし30cmキューブくらいの大きさは欲しいものです。それ以下であれば、オトシンクルスや貝類(特に石巻貝)をお勧めします。ミナミヌマエビも小さいですが、ワラワラと増えるためお勧めしません。

 

葉の細い水草が多い場合

ヘアーグラスなどの細い水草のコケ取りが苦手なものは多いです。この場合オトシンクルスなども口の形状上向きませんから、ヤマトヌマエビをお勧めします。更に体の小さいトゲナシヌマエビなどは更にオススメです。

 

 最後に

 

ヤマトヌマエビについて色々と話しましたが、欠点が確かにあるとはいえ、頼りになるコケ取りエビと感じたのではないでしょうか?

ヤマトヌマエビは自信を持ってオススメ出来るコケ取り生体です。コケに悩んでいるのであれば、是非検討してみて下さい。